結婚式の前撮りには、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類があり、それぞれに特徴やメリットがあります。ですので、前撮りを選ぶときは、この2種類の違いをよく知っておくとよいでしょう。

まず「スタジオ撮影」とは、フォトスタジオのスタジオ施設で撮影をすることを意味します。

メリットとしてまず挙げられるのは、「天候に左右されることなく撮影ができる」ということです。スタジオ撮影は、屋内だけの撮影で完結するため、雨などの悪い天気でも予定通り撮影をすることが可能です。屋外のロケーション撮影だと、どうしても天候に左右されてしまいますし、もし撮影当日に雨が降ったりすると延期を余儀なくされるケースもありますが、スタジオ撮影ならその心配はありません。

次に挙げられるメリットは、「周りにはスタッフしかいないので撮影に集中できる」ということです。一般の人は本格的な写真撮影をすることに慣れていないことも多いですが、周りに人がいなければ比較的リラックスしながら撮影を進めることができます。

さらに挙げられるメリットは、「ロケーション撮影よりも料金が安い」ということです。ロケーション撮影は、スタッフの移動や出張などで費用がかかる分、移動の必要がないスタジオ撮影よりも料金が高くなります。ですので、できるだけ料金を安く抑えたい場合にもスタジオ撮影はおすすめです。

一方の「ロケーション撮影」とは、スタジオではない、屋外などに出向いて撮影することを意味します。結婚式の前撮りは、このロケーション撮影が主流であり、ある調査によると6割のカップルから選ばれているという結果が出ています。

メリットとしてまず挙げられるのは、「景色のいい場所で撮影ができる」ということです。ビーチやお花畑などの景色のいい場所はもちろんのこと、神社や洋館などの雰囲気のいい場所でも撮影することができます。

次に挙げられるメリットは、「思い出の場所で撮影することもできる」ということです。二人が出会った場所やよく行った場所など、思い出の場所で写真が撮れるというのは、やはりロケーション撮影ならではの魅力だと言えます。