昨今の写真館は、以下の三つに大別されます。
一つ目は、「昔ながらの写真館」。
商店街などに存在する、いわゆる古いタイプの写真館です。
証明写真や、王道の家族写真などが撮影できます。
以前から親しくしている所があり、撮影枚数も少なくてよいという人ならば問題ありませんが、「撮影セットにこだわりたい」「様々な構図で撮影したい」などという人には適していません。
二つ目は、「大手スタジオの子ども写真館」。
ショッピングモールなどで全国展開しているような大手スタジオは、衣装の種類が非常に多彩で、ドレスや和服が何着も揃っています。
また、ディズニーキャラクターなどとのコラボ撮影も可能なので、そういった写真を撮りたいという人にはおすすめといえます。
料金は、撮影代+商品代という形になっていることが多いですが、撮影代はキャンペーンで無料ということも多々あります。
ただし、カメラは固定なので、他の人と似た写真になってしまう可能性は高めです。
三つ目は、「ハウススタジオ型写真館」。
これは、昨今特に人気を呼んでいる写真館です。
とはいえ、商店街などで目にする写真館と違い、偶然見かけるということは少ないため、どういう物かイメージが湧きにくいという人が大半なのではないでしょうか。
これは、文字どおり一軒の家をフォトスタジオとして改装した物を指します。
普通の家のような造りになっているので、小さい子供でも緊張せず、落ち着いて過ごせるようになっています。
また、ハウススタジオの場合、セットの一部のみならず部屋全体を撮影の背景にすることが可能なため、直立不動のポーズでなくても構いませんし、子供が少々動いても問題ありません。
カメラも手持ちのタイプの物を使うので、様々な角度や構図で撮影でき、自然な写真を撮ることができます。
また、撮影データが貰えるという点も大きな特徴です。
「撮影データで年賀状を作りたい」「SNSに写真を上げたい」などという人に向いているといえます。